+単行本発売中
Christ禍き獣と聖者の戒(1)

Christ禍き獣と聖者の戒(1)
著者:楠本弘樹
価格:1,007円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

Christ禍き獣と聖者の戒(2)

Christ禍き獣と聖者の戒(2)
著者:楠本弘樹
価格:1,007円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

+pixiv
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
定期更新
いつのまにやら11月ですね・・・!

丁度上手く時間を都合できましたので
「電子書籍」のデータを作りました。

今のところ、まだ配信待ちという感じですが・・・
また確認できれば情報をお伝えしたいと思います。
(50箇所ぐらいで配信されますので
普段ご利用のサイトがありましたら是非・・・!)

あと・・・ できるだけ
このブログでの情報をシンプルにしたいと思いまして、
フリートークは最新のものだけを1つ表示し、他は
「禍々しき獣の逝く果ては」の電子書籍情報、
「塔の獣」の電子書籍情報の合計3つだけを
表示することにします。

*フリートークの更新自体は
 今までの感じで月イチ間隔で続けていくつもりです。

今後とも何卒宜しくお願いいたします(。・ω・。)ノ
とくに「禍々しき〜」の最終・5巻は是非!

***************************
★★★ 電子書籍・配信中サイト ★★★(*11月17日現在)
*それぞれのサイトへはをクリックするとジャンプします。

■ DLマーケット→ ★
*pdfデータDLのほかDVDにバックアップ+発送サービス有り
(*300円(+税)の別料金必要)
手元でデータを保管したい方にオススメ。

一巻は無料です!

■ コンテン堂→ ★
*EPUB形式のファイルをビューアで閲覧するタイプ。
一巻は無料です!

 
| - | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
電子書籍・「禍々しき獣の逝く果ては」


「禍々しき獣の逝く果ては」は
もともと同人誌で描きはじめた漫画でしたが、
(2005〜2006年頃)
1〜10話は商業誌に掲載されました。
(*2008〜2009年頃)

1〜5話が収録された単行本が一巻だけ出たのですが、
志半ばで継続の道が絶たれてしまいましたので
残りはwebサイトで自主連載し、
全5巻で完結させました。
(*2012〜2013年頃)

また、諸事情がありまして「Christ〜禍き獣と聖者の戒〜」
というタイトルに改題しましたが、
「Christ1」に「禍々しき〜」の1・2巻を
「Christ2」に「禍々しき〜」の3・4巻を
それぞれ収録した単行本をオークラ出版より
刊行していただきました。
(*2014年)

何かと中途半端な形になってしまった作品ですが
この度、「電書バト」サービスにお願いして
50箇所ほどのサイトで
電子書籍を配信していただくことにしました。

タイトルは、
「禍々しき獣の逝く果ては」のままで
全5巻、各巻税抜き300円で配信しますので
(*ほとんどのサイトで一巻だけ無料です)
お見かけの際は何卒宜しくお願いいたします。
(*11月28日以降配信開始予定)

*ご意見などございましたら、下部のcommentsから
コメント機能をお気軽にご利用くださいませ
| 電子書籍情報 | 23:29 | comments(1) | trackbacks(0) |
電子書籍・「塔の獣」


「塔の獣」は2004年11月に発行されたのですが
発売元の会社が2006年4月に倒産し、絶版になりました。

倒産後、編集部の方とも音信不通状態ですので
10年も経ってしまった古い作品ではありますが、
この度 改めて個人的に電子書籍化することにしました。

「電書バト」というサービスにお願いしましたところ、
50箇所ぐらいで配信していただけるようですので
随時情報を追加していく予定です。
(*12月27日以降配信予定)

この単行本は、冒頭に収録されている一話が
投稿作・デビュー作となっておりまして、
自分にとって 今でもとても思い出深い作品です。

2話・3話が8ページ、4話が16ページと
妙に短いページ数なのは、私の意志ではなく・・・
編集側からページ数を指定されていたのが原因です。

掲載していただいていた「マガジンZERO」という雑誌は
季刊誌だったのですが、私の原稿はいわゆる「穴埋め」の形で
運よく隙間に入れていただけたという感じの掲載でした。
(*五話目にあたる「最終話」は、単行本用「描き下ろし」です)

単行本には 話と話の間や巻末に
アオリ文入りのページが挟まれていたのですが、
それらは当時の担当の方が独自に進められたものであり
私の意図ではないので今回の電子書籍には収録しませんでした。

なお、電子書籍版「塔の獣」は
冒頭の32ページを試し読みできるように設定しておりますので
お見かけの際は宜しくお願いいたします。

*ご意見などございましたら、下部のcommentsから
コメント機能をお気軽にご利用くださいませ
| 電子書籍情報 | 23:03 | comments(1) | trackbacks(0) |